まんじゅうこ〜ぼ〜

なるべく更新したいです

EMオッドアイズ魔術師の補足解説

今回は以前解説したEMオッドアイズ魔術師についての補足説明を行っていきたいと思います。

EMオッドアイズ魔術師の構築や動きについてはこちらに纏めてありますので本記事と合わせてお読みください↓

遊戯王WCS2016東日本選考会で使用したEMオッドアイズ魔術師について - まんじゅうこ〜ぼ〜

 

今回解説するのは主に「竜剣士の不採用理由」です。

 このデッキを使用していて1番多かった質問が「何故竜剣士を採用していないのか?」ということです。

EM竜剣士の規制以降ペンデュラムデッキの主流となったのはオッドアイズと竜剣士の混合デッキですが、自分は竜剣士というギミックに最初から懐疑的で代わりに魔術師を採用していました。以下にその理由を列挙していきたいと思います。

 

1. マジェスペスターユニコーンの出しやすさ

自分がオッドアイズ系を使う上で1番重要視していたことはマジェスペスターユニコーンの成立です。ユニコーンのペンデュラム召喚を行うには☆6を含むスケールが必要であり、広いスケールを持つ魔術師に対して3〜5しかスケールが無い竜剣士はユニコーンの成立というコンセプトにあまり適していないと考えました。竜剣士の専用サポートである竜呼相打つは強力なカードですが、ユニコーンの成立という点で見れば1枚で上下スケールを揃えるペンデュラム・コールの方が自分の考えるコンセプトに合っていたこともあります。

 

2.  魔術師ギミックが強い

ペンデュラムテーマの中でも魔術師を好んで使う理由としてテーマ内のギミックで相手の前面後面両方に触れる点が挙げられます。特に竜穴の魔術師の存在によって相手の伏せや捲られた虚無空間に対して怖れることなくこちらのペンデュラム召喚を通していけることが魔術師の強みとなっています。またオッドアイズやEMとは元々シナジーすることを前提に作られているので、ドクロバットでサーチ可能なことや天空の虹彩で保護されることも魔術師ギミックの強さを押し上げています。

 

3. マジマジ☆マジシャンギャルが使える

前回の記事でも一押しだったマジマジ☆マジシャンギャルです。このカードはゲームエンド級のパワーを持ちながら世間一般であまり効果が認知されておらず動きを通しやすいという点から早くからフィニッシャーとして運用することを決めていました。マジギャルから重ねて使用する幻想の黒魔導師の効果を使用するためには通常モンスターの魔法使い族がメインデッキに必要であり、竜脈と竜穴を擁する魔術師に白羽の矢が立ちました。

 

4. どちらか片方しか選べなかった

もちろん最初から竜剣士ギミックを切り捨てていた訳では無く最初は竜剣士と魔術師両方を採用した構築も考えていました。しかし竜剣士も魔術師も単体では手札で事故要因と化し、ユニコーンの成立ができれば十分勝利することが可能だったため、今回はデッキの安定を優先し竜剣士は不採用となりました。

 

以上がEMオッドアイズ魔術師における竜剣士ギミックの不採用理由となります。

もちろん竜剣士には竜剣士の強みがあり

エクストラデッキをフル活用できる

・ペンデュラムミラーで強い

・魔封じに一定の耐性がある

などが挙げられます。

 EMオッドアイズ魔術師はエクストラデッキをそれほど活用することができず、また安定を最優先しているため同系のミラーではどうしても勝率が芳しくありませんでした。ペンデュラムが最も嫌いとする魔封じの芳香に対しても竜剣士は竜呼相打つやレスキューラビットなど幾つかの回答が存在しているため、こうした点では竜剣士が魔術師を凌駕していると言えます。

環境や自分のプレイスタイルに合ったギミックの採択を行い勝利を掴んでいきましょう。

それではまたノシ