まんじゅうこ〜ぼ〜

遊戯王について書きます

十二獣オッドアイズ魔術師(10/30新宿杯使用)

デッキリスト

f:id:fevnir73:20161028221502j:imagef:id:fevnir73:20161028221508j:image

【モンスター】27枚
EMオッドアイズ・ユニコーン ×2
増殖するG ×3
マジェスペクター・キャット ×1
マジェスペクター・ラクーン ×3
エキセントリック・デーモン ×3
EMドクロバットジョーカー ×1
EMペンデュラム・マジシャン ×1
竜脈の魔術師 ×1
慧眼の魔術師 ×2
十二獣モルモラット ×3
オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン ×1
賤竜の魔術師 ×1
マジェスペクター・ユニコーン ×1
EMキングベアー ×1
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン ×2
竜穴の魔術師 ×1
【魔法】11枚
オッドアイズ・フュージョン ×1
テラ・フォーミング ×3
ハーピィの羽根帚 ×1
ブラック・ホール ×1
ペンデュラム・コール ×1
チキンレース ×1
天空の虹彩 ×3
【罠】2枚
虚無空間 ×1
神の宣告 ×1
【エクストラ】15枚
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン ×1
トーテムバード ×1
幻影騎士団ブレイクソード ×1
M.X-セイバー インヴォーカー ×1
十二獣ブルホーン ×1
十二獣タイグリス ×1
十二獣ドランシア ×1
十二獣ワイルドボウ ×1
ダイガスタ・エメラル ×1
No.39 希望皇ホープ ×1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング ×1
マジマジ☆マジシャンギャル ×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン ×1
幻想の黒魔導師 ×1
覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン ×1

【サイドデッキ】 15枚
粘糸壊獣クモグス ×2
システム・ダウン ×3
コズミック・サイクロン ×3
揺れる眼差し ×1
禁断の異本 ×3
王宮の鉄壁 ×3

 

概要

10/30に行われた新宿杯で使用した十二獣オッドアイズ魔術師です。前回のリミットレギュレーションによって制限カードとなったマジェスペクター・ユニコーンの穴を十二獣モルモラットを追加して補強しました。

 

新たに採用したカード

・ 十二獣モルモラット 

最近流行りの”あれ”です。今までの出張セットと違い、十二獣は1枚で機能するので使い勝手が段違いで数多くのデッキに採用されています。それはEMオッドアイズ魔術師も例外ではありません。以下EMオッドアイズ魔術師におけるモルモラット採用の利点について書きました。

①初動が増える。

今までは召喚権を効率良く消化できる札がドクロバットとラクーン3枚の計4枚しか存在してませんでしたが、モルモラットが加わったことにより7枚に増加し、召喚権を無駄に持て余すことが減りました。

 ②メインでの障壁、魔封じへの耐性が上がる。

十二獣ギミックを採用することでペンデュラムの他にエクシーズというギミックが追加されるため、次元障壁を打たれたターンでもある程度展開することが可能になりました。魔封じの芳香に対してもモルモラットからドランシアへ向かうことで破壊できるため、安易な詰みゲーを回避できるようになったことは以前の魔術師には無い強みです。

 ③サーチ先にEMキングベアーを採用することで実質EMとして扱える。

ブルホーンのサーチ効果でEMキングベアーをサーチすることができます。キングベアーの強みについては後述します。

 

・ EMキングベアー

EMネームを持つスケールということで慧眼の魔術師に対応しており、スケール7なのでマジェスペクター・ユニコーンのペンデュラム召喚も可能です。P効果もそれなりに利用機会が多い部類で、

・一例として手札に慧眼+キングベアーと持っていた場合

慧眼とキングベアーを貼り慧眼のP効果で賤竜を貼り替える→エンドフェイズにキングベアーのP効果でEXの慧眼を拾う

以上の動作で次のターンからはスケールが賤竜+竜穴の状態で動くことが可能になります。十二獣ギミックが回った場合、モンスターゾーンを3〜4枠使用するため慧眼のP召喚を控える場合が多く、それなりに利用機会は多いです。

 

・ マジェスペクター・キャット

ユニコーンが制限になり下スケールの供給が不安定になったため採用しました。また、十二獣モルモラットのリクルートが可能なM.X-セイバー インヴォーカーをプレイしやすくするために☆3を増量する目的もあります。前期までは初動でラクーンから入れた場合、次のターンはマジマジ☆マジシャンギャルのプレイを狙うのが通例でしたが、ユニコーンが制限の今は初動ラクーンユニコーンが通った場合、次のターンのサーチはキャットとし、M.X-セイバー インヴォーカーのプレイを狙っていきます。

 

総括

デッキ内にパワーの低いカードを入れたくなかったのでライトフェニックス等を抜いた結果、元々ユニコーン制限で枚数が減っていたこともあり下スケールが足りなく感じる場面がいくつか存在しました。ペルソナドラゴンを場に送り出した場合、虹彩からサーチする下スケールが枯渇するので2枚目のペルソナかライトフェニックスは必要だと感じました。

エクストラはマジマジ☆マジシャンギャル以外は使用し、プレイの中でランク4の層が薄い印象があったため、トラピーズかカステルに変えるのがよいと考えました。

 

何かあればTwitter(@fevnir_)までお願いします。